どうしても家族葬を急ぎでしなければいけない時

人が亡くなる場合、もちろんですが急な場合が多く予期せずにすぐに準備をしなければいけません。家族葬をしたいが、どうすればいいのかという場合、まず葬儀社を決めるのですが、1つは故人が生きている間に互助会などに入って葬儀代を積み立てていたときです。その場合、亡くなればすぐに互助会へ連絡します。そうすると個人が決めた段取りで自動的に進んでいくので、遺された家族の負担は激減します。そしてもう一つは戸籍がある役所へ連絡することです。市営の葬儀場を使わせて貰えたり、提携の葬儀社を紹介してくれたりします。更に近年増えており、おすすめで便利なのは24時間365日対応可能な葬儀社に直接電話することです。急ぎの場合、費用や手順を考えるとパニックになりそうですが、手配や案内をお任せでき、親身に対応してもらえます。家族葬は小規模で行う葬儀ですので、遺族の負担が少なく、最後のお別れをゆっくり過ごせます。

急ぎの家族葬の手順を説明します。

家族が急に亡くなった時に、何から動いていいのか分からないことが多いと思います。というのも、人生でお葬式を手配することは多くはないからです。そんな時の急ぎの手配で頼もしいのは24時間365日対応してくれる葬儀社です。電話は携帯からでも可能ですし、全国にある大手葬儀社から地元葬儀社まで各社がこのようなサービスを展開しており、電話を一本入れることで手順を教えて貰えます。そしてそのまま病院や施設、自宅に遺体を引き取りに来てくれて安置施設に搬送してくれます。ここで大切なのは必ず医師の死亡診断書が必要だということです。そしてその後、少し落ち着いたタイミングで打ち合わせを行い、家族葬の手順を説明してくれます。家族葬にも種類があり、通夜のない一日葬や告別式もない火葬式なども選ぶことができます。

急ぎで家族葬をするにあたって注意点

葬儀社に連絡する前に、大切な家族の希望や自身がどんな式にしたいか漠然としたものでも、一度イメージしてみましょう。故人が生前に互助会に入る、もしくは家族に希望を伝えていればよいですが、急ぎの場合なかなかそうはいきません。最近の傾向として、派手なお葬式よりもよりシンプルにコンパクトに見送られたい、見送りたいという希望が増えています。他の業者と同じで葬儀社もそれぞれ個性があり、選ぶ基準もそれぞれです。費用面重視の人や、内容を重視する人もいます。最低限考えなければいけないことは、葬儀の宗教、宗派、家族葬かどうかや参列者の人数、遺影に使う写真、連絡する人です。事前に葬儀に関する知識を身につけておくとよいでしょう。それぞれの業者を比べて、相場やサービスを見極めておきましょう。急な場合は気が動転しており、後悔の原因やトラブルになりやすいのです。

当社はオリジナルの文章で会葬礼状を作成している為それぞれの想いと感謝を込めて言葉を表現していくことが可能です。お問合せ:0120-23-4444(無料) こちらから24時間365日緊急対応も行っております。お電話でのお問合せはフリーダイヤルとなっている為お金は一切かかりません。お客様のご要望にお答えし安心してご葬儀出来るよう全面サポート致します。家族葬をお急ぎでお探しの方は「昭和セレモニー」へ