家族葬を急ぎでしなければならない時どうする

昨日までは元気だったとしても、さっき話したばかりだったとしても、葬儀の準備が急ぎで必要になってしまうことがあります。人間は生きているのですから、元気な人でもいつ何が起こってもおかしくはありません。近年では、宗教のこだわりがなく、葬儀費用を抑えたい考えの方が急増しています。そのため、今までのような一般的な葬儀はせず、親しい方と家族だけの家族葬を行う人が増えています。一般的な葬儀にかかる費用は、葬儀一式費用、飲食接待費用、寺院費用の3つあり、平均の相場が約200万になります。家族葬を急ぎでしたいけど、何をどうしたらいいのか、どこに連絡したらいいのかわからないと困ってしまいます。今回は、そんな貴方に一般的な葬儀の違いや費用、全体の流れ、メリットとデメリット等をお教えします。

家族葬の違いとメリット、デメリット

一般的な葬儀の費用は前述でも述べた通り、約200万かかります。家族葬の場合の費用は、約100万~200万と規模によって変わってきます。家族葬のメリットは、堅苦しい挨拶をしなくていいことです。堅苦しく、かしこまった葬儀は遺族が疲れてしまいます。特に突然のことですので、ただでさえ精神的に辛いのに、家族葬を急ぎでしなければならないので、二重で精神的にも肉体的にも辛くなってしまいます。故人を偲ぶ別れの時間はゆったりとしたいものです。家族葬は、ごく親しい人しか呼ばないので、参列人数を把握することができますし、葬儀費用も抑えることができます。家族葬でのデメリットは、家族葬も増えている一方で周囲に理解を得られない場合があることです。また、弔問客が後日、自宅を訪れてくるために遺族への負担が出てくることです。

急ぎで家族葬をしなければならなくなった場合の流れ

現在では、家族葬を急ぎで行いたいというご家族も多いために、多くの葬儀場で家族葬を取り扱っています。まずは、24時間365日いつでも電話を受け付けている葬儀場に電話をしてみましょう。すぐに葬儀場のスタッフに対応をしてもらえます。一連の流れとしては、電話後、葬儀場のスタッフが迎えに来ます。次に、要望に合わせて遺体の搬送と安置をして、打ち合わせをします。自宅安置をご希望の場合、近所の方に気づかれないよう考慮してくれる葬儀場もありますので、一度相談してみるとよいでしょう。その後、通夜から葬儀という流れになります。一般的な葬儀との違いは、参列者が親しい人を呼ぶこと以外はほとんど同じです。家族が亡くなることはとても辛いことですが、少しでも遺族の精神的負担が軽くなるために、家族葬は適切な選択肢と言えます。