家族葬を急ぎで執り行うにはどうするか

突然家族が亡くなった場合、悲しみにくれ、どうしていいのかわからず戸惑ってしまうという方がほとんどです。少し落ち着いた時点で、亡くなった人を弔うための葬儀をどうしようかと考えることになります。どれくらいの人数で行うのか、場所はどこにするのか、そしてどれくらいの予算で行うのか等、葬儀について家族で考え、葬儀会社に連絡をすることになります。大勢の方に参列してもらうのではなく、家族で送る家族葬を考える人もいます。故人の最期を遠方から来た家族が看取り、早く葬儀を行いたいという場合、急ぎの葬儀が可能な場所を教えてくれるサイトがいくつかあります。まずは、医師からの死亡診断書を受け取った状態で、葬儀のプロに相談してみましょう。24時間、365日対応してくれるところがいくつかあります。

急ぎの家族葬を依頼する電話を入れます

急ぎの家族葬を行うことができる会社に電話連絡をすると、すぐに故人を迎えに来てもらうことができます。亡くなった場所なのか、その時点で安置されている場所なのかを確認して、専用の車にて迎えが着ます。もし、故人を自宅で安置することが不可能で、別途安置場所が必要であれば、その手配もお願いすることが可能です。早朝、深夜に関わらず対応してくれますので、心配はいりません。そして、故人を安置したら、具体的な家族葬についての打ち合わせに入ります。お通夜、告別式やお葬式、火葬にいたるまで相談にのってくれますので、気になることやわからないことは、何でも相談してください。家族や親族、親しい方だけで故人を見送りたいという、家族葬にしたいという旨をしっかりと伝えてプランニングしてもらいます。

葬儀社のスタッフにしてもらうこと

葬儀社が決まって、担当の方との打ち合わせを行う際に、葬儀社がどこまで何をしてくれるのかを確認します。例えば、家族が医師から受け取った死亡診断書を役所に提出して、火葬許可証などを発行してもらうのを代行してくれますし、お寺さんや住職とお付き合いのない方には寺院も紹介してくれます。家族葬というプランが用意されている葬儀社もありますので、どんなことをおこなってくれるのかを確認しながら打ち合わせを進めていきましょう。故人の身支度を整えて、御棺のなかにおさめる納棺の儀式、お通夜や告別式で行うお別れの儀式、遺影の作成、会葬礼状の作成、初七日法要など、どうしても必要なものだけを葬儀社に依頼するのもいいでしょう。例え急ぎであったとしても、故人と残された家族や親しい人たちの最期のお別れの時間を思い出深いものにして差し上げてください。